猫と歳時記と水泳と

I keep a diary. きょうも楽しくSKIPS

炎天の帆をはらませて猫駆ける こしのゆみこ

 

f:id:kuu1019:20170719092214j:plain

 

 

f:id:kuu1019:20170719100019j:plain

暑いですね。

我家の猫たちも人間も暑さにうだうだとしながら、元気に過ごしています。

新顔猫の銀之助くんはすくすくと育っています。

超元気坊主で、毎日、部屋中をドシンバタンと走りまわり、甘え方も可愛くなり、食欲も旺盛です。みみ助と一緒に過ごす時間が楽しくて仕方ない様子で、相変わらず育にゃんなみみ助くんと仲良くしています。

 

f:id:kuu1019:20170719110543j:plain

 

梅雨のはじめ頃から請け負った食生活関係の記事作成のお仕事で来る日も来る日もせっせと文章を書いていたので、携帯で写真を撮る時間もブログを書く時間もなく、親バカ猫自慢が出来なくて(ちょっと)ストレスの溜まる日々でした。

どんな仕事でもそうですが、一仕事終えると、達成感のようなものがあって、終わってみれば、「やってよかった、楽しかった」と思えます。でも、書いている最中は、書いても書いても遅々としてゴールが見えず、夜眠て朝起きても、気持ちが全然休まっていなくて、もやもや感が付きまとい「早く終わらせたい」と、時に焦り時にあきらめそうになっていました。

銀之助やみみ助や黒猫のクーちゃんが傍にいて、常に変わらずのんびりと過ごしてくれているおかげで、最後まで淡々と書き上げられたのではないかと思います。

やはり猫たちがいるのといないのとでは、心の安定感が全然違います。

パソコンに向かって、時間を忘れ無心に記事を書き続けていると、猫が音もなく卓上に飛び上がり、画面の前にトン!と現れ、「休憩を取りにゃさい」と言わんばかりに、尻尾で画面をスクロールしたり、キーボードを踏みつけ宇宙語を打ち込んだりします。一瞬、「やめて!」と思うのですが、我に返ると、パソコンの見過ぎですっかりドライアイになっていたり、文字の打ち込み過ぎで肩がバリバリに凝っていたりしました。

猫からの忠告にお茶を淹れて、猫には猫用ミルクを注いでホッと一息。

 

f:id:kuu1019:20170719091815j:plain

 

記事作りの仕事がやっと終わり猫自慢のブログを書く時間を作れるようになりました。が、今週末からこの辺りの小学校は夏休みです。

夏休みと言えば、夏のプール!夏の水泳教室!が始まります。なのでまた、ブログ更新が「かなり時々」になってしまうかもしれませんが、細々と続けてはいますので、気が向いたら猫自慢を見に来て下さい。

 

健康に注意しながら、猫たちとくっついていられる爽やかな秋を迎えるのを楽しみに、今年の夏を乗りきります!