猫と歳時記と水泳と

I keep a diary. きょうも楽しくSKIPS

日曜日

雨が降りそうな空模様、なのに雨はポツンポツンとほんの少し落ちてきただけ、湿度が高くて蒸し蒸しした一日でしたぁ。

昼間は庭の草むしり、太陽が照り付けてなかったので捗りました。夏の庭仕事は汗がボタボタでるので、作業後のシャワーとノンアルビールが美味しい(^~^)。庭もすっきりして気持ちよくなりました。夕方、スイムマラソン仲間がやっている美容院へ。髪を切ってもらいながら水泳の話や先日のマラソンの話をして楽しい時間を過ごしました。

美容師さんが「ランニング(フルマラソン)は体重が1kg減ると3分速くなるという定説があるから、あと3kg痩せて9分速くなりたいの」といってました。

ネットでちょこっと調べたら、年齢によっては体重1kgの減少で4分から9分くらい早くなる人もいるというデータを読みました。1kgで9分もの縮むなんて、コンマ0.5秒のタイムを縮めるために練習を繰り返しているスイマーにとっては「すごーい(・・;)」と感心してしまう話です。自分もダイエットしてタイムが縮むかどうか確かめてみちゃおうかな…と少しワクワクしてしまいました。1kg体重が減るだけで10分近く縮んだらうれしくなっちゃいますよね。

体重を減らすにはまずは食べ物の調節。ジョギングやスイミングだけで体重が減ることはまずないので、食事の内容を変えながら適度な運動を組み合わせて、またまたダイエット始めようかな。

 

 

 

 

以下引用http://www.jognote.com/column/stepup/back/2012-05-02.html

f:id:kuu1019:20130715231230g:plain

元々運動経験がなく、やや体重の重かった人にとっては、ランニング歴と共に体重も減少し、マラソンの戦術的能力も向上するため、記録は3分/kgという関係以上に短縮されるかもしれません。

ここで大切なのは、減量=記録更新ではなく、トレーニングによって体力や筋力などの向上があり、それにプラスして体重も減少するため、結果として記録が短縮されるということです。皆さんも、ご自身の体重と記録の関係を求めておくと、コンディションの目安にもなり面白いと思います。

文:鍋倉賢治

 

 

f:id:kuu1019:20130715225020g:plain

 

f:id:kuu1019:20130611235626g:plain